石部桜

イシベザクラ

大河ドラマ『八重の桜』オープニングの桜

石部桜写真
「大河ドラマ『八重の桜』のオープニングに出てくる桜の木は、どこの桜?」

「八重の桜って、どこの場所にあるの?」
そんな質問が多く寄せられていますが、あのオープニングの桜は、会津若松市を代表する桜の一つ、「石部桜」です。

石部桜は、樹齢約650年といわれるエドヒガンザクラで、中世会津の領主葦名氏の重臣、石部治部大輔(いしべ じぶだゆう)の庭にあったと伝えられています。10本の幹からな り、枝張は最も広いところで約20mもあり、のびのびと枝を広げるその雄大な姿に魅了されます。また、周囲が田んぼで囲まれているので一際目立ちます。

見頃:4月中旬~4月下旬

 

  • 石部桜その他写真1
  • 石部桜その他写真2
  • 石部桜その他写真3
DATA
住所 〒965-0003
福島県会津若松市一箕町八幡石部
電話番号 0242-39-1251  (会津若松市観光課)