本文へ移動
トップページへ移動
会津若松を知る … 概要/歴史/人物/味覚/物産/歳時記/地図
会津若松を歩く … 史跡/観光/体験教室/食事処/交通機関/宿泊施設
[あいばせ]から … 散策モデルコース/修学旅行体験記/ひとやすみ
教育旅行支援! … 携帯貸出/各種連絡先/リンク

会津若松市の史跡を訪ねよう
  史跡紹介 1(全5ページ)史跡メニュー等をとばして本文へ
  史跡1 史跡2 史跡3 史跡4 史跡5
  新選組アイコン、このアイコン画像は新選組ゆかりの地、または建造物・史跡などであることを意味します。=新選組ゆかりの地野口英世アイコン、このアイコン画像は野口英世ゆかりの地、または建造物などであることを意味します。=野口英世ゆかりの地、歴史的景観アイコン、このアイコン画像は歴史的景観指定建造物であることを意味します。=歴史的景観建指定造物
 
各種データは基本的に平成22年5月現在のものです。
「ハイカラさん・あかべぇバス停」は、まちなか周遊バス「ハイカラさん」と「あかべぇ」の停留所です。
「バス停」は、路線バスの停留所です。

  鶴ヶ城(つるがじょう)若松城天守閣(わかまつじょうてんしゅかく)) 新選組アイコン:新選組ゆかりの史跡
つるがじょうの写真 今から626年ほど前に、葦名直盛(あしななおもり)東黒川館( ひがしくろかわやかた)を築いたのがはじまりといわれ、蒲生氏郷(がもううじさと) が七層の天守閣を築きました。その後、加藤時代に現在のような五層の天守閣になりました。戊辰戦争(ぼしんせんそう )では約一ヶ月の激しい攻防戦に耐え、難攻不落(なんこうふらく)の名城として知られました。明治政府の命令で取り壊されましたが、昭和40年に再建、平成12年に干飯櫓(ほしいやぐら)南走長屋(みなみはしりながや)を本格復元し、平成23年には赤瓦に葺き替えて、幕末の姿に戻りました。平成27年 天守閣再建50周年で展示室が全面リニューアルされました。国指定史跡。
開城時間: 午前8時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日: 年中無休
入場料(一般): 大人=410円,小中学生=150円
入場料(団体): 大人=360円,小中学生=135円(30-99名)
大人=320円,小中学生=120円(100名以上)
所在地: 会津若松市追手町1-1(鶴ヶ城公園内) [市街図 C-5]
アクセス: ハイカラさん・あかべぇバス停「鶴ヶ城入口」から徒歩5分。
駐車場あり(有料)。
備考: 上記入場料で、干飯櫓・南走長屋にも入場できます。
[鶴ヶ城ボランティアガイドのご案内]
お問合せ: 会津若松市観光ビューロー [ホームページ]
TEL.0242-27-4005

  干飯櫓(ほしいやぐら)南走長屋(みなみはしりながや)
ほしいやぐらと、みなみはしりながやの写真 干飯櫓は鶴ヶ城(つるがじょう)にあった11棟の二重櫓(にじゅうやぐら)のうち一番大きなもので食糧庫(しょくりょうこ)に使われていたといわれており、その干飯櫓と天守閣に通じる鉄門(くろがねもん)を結ぶのが武器庫といわれる南走長屋です。往時(おうじ)の工法や技術を用いて本格的に復元しました。
備考: 鶴ヶ城天守閣の情報をご覧ください。

  茶室麟閣(ちゃしつりんかく)
茶室りんかくの写真  千利休(せんのりきゅう)の子少庵(しょうあん)が利休亡き後、会津領主蒲生氏郷(がもううじさと)に保護されていたときに鶴ヶ城(つるがじょう)本丸内に建てられた茶室です。
開園時間: 午前8時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休園日: 年中無休
入場料(一般): 大人=200円,小中学生=無料
入場料(団体): 大人(30-99名)=180円,(100名以上)=160円
所在地: 会津若松市花春町8-1 [市街図 B-5]
備考: 鶴ヶ城天守閣との共通券:大人510円
鶴ヶ城天守閣の情報もご覧ください。
お問合せ: 会津若松観光ビューロー [ホームページ]
TEL.0242-27-4005

  会津藩主松平家墓所(あいづはんしゅまつだいらけぼしょ) 新選組アイコン:新選組ゆかりの史跡
墓所の写真 明暦3年(1657年)に初代保科正之(ほしなまさゆき)嗣子(しし)正頼(まさより)が亡くなったときに造営(ぞうえい)されました。二代藩主正経(まさつね)から九代容保(かたもり)の墓、歴代藩主の側室(そくしつ)、子女の墓が立ち並んでいます。二代は仏式で葬られていますが、他の藩主はすべて神式の形態をとっています。壮大な規模と歴史的宗教的景観は、わが国有数の大名家墓所として高い評価を受けています。国指定史跡。
所在地: 会津若松市東山町院内 [市街図 A-5]
アクセス: ハイカラさんバス停「院内」から徒歩10分。
備考: 詳細説明(外部リンク)
お問合せ: 会津若松市観光課
TEL.0242-39-1251

  会津松平氏庭園 御薬園(おやくえん)
おやくえんの写真 殿様の別荘として使われ、会津藩二代藩主松平正経(まつだいらまさつね)が薬草を栽培したところから、この名前が付けられました。いまも約400種類の薬草が植えられています。国指定名勝。
開園時間: 午前8時30分~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日: 年中無休
入場料(一般): 大人=320円,高校生=270円,小中学生=160円
入場料(団体): 大人=260円,高校生=210円,小中学生=100円
所在地: 会津若松市花春町8-1 [市街図 B-5]
アクセス: ハイカラさんバス停「御薬園」からすぐ。
あかべぇバス停「御薬園入口」から徒歩5分。

「御薬園西口」から徒歩5分。
駐車場あり。
お問合せ: 会津若松観光ビューロー [ホームページ]
(御薬園)TEL.0242-27-2472

  白虎隊十九士(びゃっこたいじゅうきゅうし)の墓
白虎隊士の墓の写真 白虎隊は戊辰戦争(ぼしんせんそう)で戦った16才~17才の少年たちで、墓は鶴ヶ城(つるがじょう)の北東、飯盛山(いいもりやま)中腹(ちゅうふく)にあります。火に包まれた城下を望みながら、ここ飯盛山で少年たちは若い命を散らしました。
また、飯盛山の白虎隊士・自刃の地には、鶴ヶ城を望む姿を再現した白虎隊士の石像もあります。
所在地: 会津若松市一箕町八幡 [市街図 A-3]
アクセス: ハイカラさん・あかべぇバス停「飯盛山下」から徒歩5分。
バス停「飯盛山」から徒歩3分。
駐車場あり。
備考: 飯盛山説明(外部リンク)
  史跡1 史跡2 史跡3 史跡4 史跡5

リンクアイコン トップページにもどる
会津若松観光ビューロー
〒965-0873 福島県会津若松市追町5-10
TEL:0242-23-8000 FAX:0242-23-9000