輝く赤煉瓦の名城 鶴ヶ城を見る
天守閣に登ろう
会津若松市のシンボルである鶴ヶ城は室町時代の初め、今から約630年前の至徳元年(1384)に葦名直盛が東黒川館として造営したのが始まりとされています。お城といっても当時は天守閣はなく、館程度でした。その後、伊達政宗をはさんで蒲生氏郷が豊臣秀吉の命令で会津を治め、七層の天守閣を築きました。黒壁で織田信長の居城、安土城のようだったともいわれています。江戸時代に入り、地震で被害を受けて再建した天守閣は現在と同じ五層でした。幕末の戊辰戦争では西軍の猛攻に耐え難攻不落の名城と称えられましたが、明治政府の命令で取り壊され、現在の天守閣は昭和40年(1965)に再建されたものです。内部は郷土博物館になっています。五層からは会津若松市街地や会津盆地、磐梯山が一望できます。
会津若松のシンボル、鶴ヶ城の天守閣
会津若松のシンボル、鶴ヶ城の天守閣
なぜ、赤瓦の屋根に?
再建された天守閣の屋根を45年ぶりに葺き替え、それまでの黒瓦を赤にしました。赤瓦は会津松平藩の藩祖保科正之公時代の慶安元年(1648)頃に葺き替えられたことが記録されています。表面に釉薬を施して焼いた赤瓦は強度があり、会津の冬の厳しい寒さ、凍結にも耐えることができたようです。反政府の拠点になるのではないかと恐れた明治政府は明治7年(1874)7月に天守閣をはじめ、鶴ヶ城内の建造物を取り壊しました。その6年前の戊辰戦争を戦った白虎隊の少年たちも当時、きっと赤瓦の天守閣を仰ぎ見たことでしょう。
2011年3月に大改修を行い美しい赤瓦に
2011年3月に大改修を行い美しい赤瓦に
大地震に耐えた天守閣の石垣
城に石垣は付きものですが、築き方が時代によって違います。鶴ヶ城の石垣を年代的に見ると、一番古いのが天守閣の石垣で、蒲生氏郷が築いたものです。専門的には「野面(のづら)積み」という石の積み方で、自然石を組み合わせて積み上げます。傾斜が緩やかで、裾野が広いのが特徴です。さて、今から約400年前の慶長16年(1611年)8月21日、会津盆地の西縁を震源とするマグニチュード6.9、震度6以上と推定される大地震が発生しました。民家2万戸が倒壊し、多数の死者も出る大惨事でした。七層の天守閣も傾きましたが、天守閣の石垣は持ちこたえたそうです。実際に見てみると、こんな粗い積み方で大丈夫だったのだろうかと思いますが、当時の築城スペシャリストの技には驚嘆してしまいます。
歴史を眺めてきた石垣を見て歩くのも楽しい
歴史を眺めてきた石垣を見て歩くのも楽しい
会津は千家茶道復興のメッカ
鶴ヶ城の本丸内に麟閣という茶室があります。千利休の子、少庵が建てたといわれています。現在の建物は復元したものですが、室内の床柱は当時のものだそうです。それではなぜ会津に少庵がいて、千家再興の地と言われているのでしょうか。千利休が豊臣秀吉から切腹を命ぜられた後、少庵の命を助けて保護し、会津に一時避難させたのが当時会津の領主だった蒲生氏郷でした。許されて京都に戻った少庵は再び茶道に励み、その後、子孫は表千家、裏千家、武者小路千家と3つに分かれ、連綿として今に続いています。もし、氏郷が少庵を助けなければ、今の千家茶道はなかったかもしれません。
鶴ヶ城の本丸内にある茶室・麟閣。<br>春は桜、秋は紅葉がよく似合う。
鶴ヶ城の本丸内にある茶室・麟閣。
春は桜、秋は紅葉がよく似合う。
鶴ヶ城散策の楽しみ方
お城のある街、城下町って何となく響きがいいですよね。会津若松市民にとって、鶴ヶ城は誇りであり、憩いの場所でもあります。市内のどこからでも天守閣を望むことができます。鶴ヶ城内は天守閣と麟閣を除けば、どこでも無料で入ることができます。市民公園にもなっている鶴ヶ城ですから、早朝からジョギングやウオーキング、犬の散歩を楽しむ市民がやってきます。場内の見どころは本丸の東南にある「荒城の月」碑やすぐ上の月見櫓から朱色が鮮やかな廊下橋を見下ろす景色。東面の高さ約20メートルの石垣が見事です。他にも東の郊外慶山地区から鶴ヶ城まで、遊女を上に乗せて運んだという巨大な「遊女石」などたくさんあります。
紅葉や桜の時期は夜の散歩を楽しむ市民も多い
紅葉や桜の時期は夜の散歩を楽しむ市民も多い